社長メッセージ

株式会社 Win Job 代表取締役 中村 真一郎

「株式会社Win Job(ウィンジョブ)」は総合人材サービスを提供する会社です。
2015年にWin Jobという社名に変わりました。
社名には、「人材を必要とする企業様と就業を希望される方々の双方に満足いただき、win-winの関係が築けるように」との願いを込めています。

行動の源泉、原体験は「現場」にある

わたしは20代の頃、大手物流会社のセールスドライバーとしてトラックのハンドルを握っていました。
物流業の魅力を肌で感じ、昼夜を問わず業務に没頭しました。
物流には、物を動かす醍醐味がありました。
わたしたちの生活やビジネスにおいて物流は不可欠である、とお客様の声や表情から強く感じました。
一方で、絶えず仕事がある中で、物流を支えるドライバーはいつも不足していました。

なぜドライバーは不足していたのでしょうか?

わたしには、雇用者はどこかドライバーのことを見下していて、労働環境や給与面などでドライバーに不誠実な対応をしているように見えました。
それでは人は集まってきません。
ましてや、少子化や若者のクルマ離れが著しい昨今、物流業を支える人材はただでさえ不足しています。
これは物流業界全体の課題です。

ドライバーにとどまらず幅広い職種での人材支援へ

こうした物流業への想いがきっかけで、株式会社Win Jobの親会社であるウィンコーポレーションを創業しました。
以来、物流・人材事業を基盤とし、食材の卸事業や飲食店運営などの事業を運営するグループへと展開しています。

ウィンコーポレーションの事業展開と密接に、株式会社Win Jobはドライバー派遣や物流センターの一括請負など、物流業界の人材サービスに強みを持っております。
同時に、そのノウハウを活かし、現在では物流関連以外の職種、事務や営業などのオフィス系職種や、チラシ配布やホールスタッフ、調理師などのサービス業・飲食業系職種などありとあらゆる職種の人材支援を行っています。
ドライバーで培ったノウハウを他職種に展開しています。

一人ひとりのキャリアプランの実現を

株式会社Win Jobでは新しい働き方の提案をしています。
グローバル化やITが進展し、ビジネスモデルの変化のスピードが目まぐるしく変わる現代では、労働人口の構成比率や労働環境が大きく変化しています。
その結果、従来の終身雇用という考え方とは別に、ワークライフバランスを求め非正規の業務に就きつつキャリア形成を目指す方も増えています。
単にお仕事の紹介をするだけに留まらず、将来を見据えたキャリアカウンセリングに力を入れています。
そのため、わたしたちは働く方一人ひとりの声にしっかりと耳を傾け、その方に最適な選択をご提案しています。

最適な"出会い"をコーディネートする黒子として

近年、少子高齢化の進展、飛躍的な進化を続けるIT、産業構造の変化などにより、企業を取り巻く環境は大きく変化しております。
株式会社Win Jobは、変化のさなかにある企業様の幅広い人材ニーズにお応えするため、ありとあらゆる業種・職種の人材不足に対応し、企業様の抱える課題解決になお一層真摯に取り組んでまいります。
そして、求職者様のご要望に今まで以上にお応えしてまいります。